社会連携委員会

Committee

認定都市プランナー制度

多様な広がりを持つ都市計画関係業務を担う専門家のうち、優れた資質・能力、豊富な実務実績、この業務に関する倫理性を有する都市計画実務専門家を、専門性を明らかにしたうえで「都市プランナー」として認定し、都市計画業務の質的向上を図るとともに、都市計画コンサルタントの職能の確立と社会的地位の向上を図り、もって地域・社会経済状況に的確に対応した地域及び都市づくりに貢献することを目的とします。

なお、この資格制度は、2021年2月に国土交通省登録資格に登録されました。

  • 認定都市プランナー

総合的な空間計画の立案とその実現に中心的に関わることが出来る豊富な経験(都市計画分野における実務経験が15年以上の者に限る。)と一定水準の知識、技術、倫理性を有するものであって、民間機関等に属する者で登録された者

  • 認定准都市プランナー

総合的な空間計画の立案とその実現に関わることが出来る一定の経験(都市計画分野における実務経験が5年以上の者に限る 。)と一定水準の知識、技術、倫理性を有する者であって、民間機関等に属する者で登録された者

本制度の特徴

・都市計画4団体(都市計画コンサルタント協会、都市計画協会、都市計画家協会、本会)の連携協力のもとに、都市計画コンサルタント協会が運営しています。
・登録する専門分野の実務実績を重視した認定審査を実施しています。
・専門性を明らかにしたうえで認定審査を行います。
・推薦方式を採用しています。

詳細は、都市計画コンサルタント協会HPよりご確認ください。

[参考] 認定都市プランナー制度チラシ

    2022 年度 認定都市プランナー、認定准都市プランナー 認定審査の推薦について

    日本都市計画学会の推薦を希望される方は、認定審査実施要項をご確認の上、5月16日(月)までに申請書類一式を下記まで郵送ください(消印有効)。

    令和4年度 認定都市プランナー・認定准都市プランナー 認定審査実施要項

    ▼認定審査申請書(日本都市計画学会会員用)
    認定都市プランナー[zipファイル(約1.1MB)]
    認定准都市プランナー(専門分野の選択あり)[zipファイル(約1.1MB)] *
    認定准都市プランナー(専門分野の選択なし)[zipファイル(約1.1MB)] *
    * 本会の推薦を受けようとする認定准都市プランナーは、所属する組織の代表もしくは都市計画部門の長の推薦書が必要となります(推薦書の様式 [MS-Word]

    推薦までの流れ

    • 5月10日(火)~5月16日(月):申請書類の提出期間
      推薦書類一式を郵送(消印有効)。併せて、Emailでも申請書類一式(Excel形式)を提出。
    • 5月16(月)~5月19日(木):社会連携委員会にて推薦の可否を審査
    • 5月20日(金):審査の結果をE-mailで報告
      推薦可の場合は、本会より申請書類一式を認定都市プランナー制度運営事務局に提出します。

    注)都市計画コンサルタント協会、都市計画家協会から推薦を希望される方は、詳細は各団体にお問合せ下さい。


    【問合せおよび書類提出先】
    日本都市計画学会社会連携委員会
    〒102-0082 東京都千代田区一番町10一番町ウエストビル6階
    TEL:03-3261-5407 E-mail:SCC@cpij.or.jp